【10月6日 RCC:イマなま】

87778d7a-s

DSCN0045
中国新聞のカープ記事「球炎」。

DSCN0046
坂上アナ:今日はどんな試合になりそうですか?
中国新聞・五反田記者:144試合目ですけど、その中で一番勝つ可能性が高い試合じゃないかなと思っています。







DSCN0047
坂上アナ:ほ!?その理由は?
五反田記者:カープはクライマックスシリーズかかってますので。巨人はクライマックスシリーズに向けた最終調整という試合ですので、カープの方が有利じゃないかと見てます。
坂上アナ:勝利の方はほぼ堅いと?
五反田記者:はい。

DSCN0048
坂上アナ:じゃああとは勝ち方ですよね?
五反田記者:理想は10対0、その理想にいかに近づけるかという試合運びになってくると思いますね。10対0だと前田健太投手が早いイニングで降板できて球数も制限できると。横山投手の引退試合でもありますし、大差がつけば横山投手が投げやすい状況になりますよね。

DSCN0049
坂上アナ:球炎の人とは思えないような!勝つ負けるの問題ではなくいかに10対0に近づけるかと!異論がございましたら「読者の声」の方によろしくお願いします(笑)


<夕刊ひろい読み>

DSCN0042
今日でこちらを紹介するのも最後になります。「今夜の赤ヘル」。10対0くらいの展開で横山投手が投げる姿を見たいですね。

DSCN0038
その横山投手の引退をチームメイトが惜しんでいます。

DSCN0039
投球練習の球を受けた松本ブルペン捕手は「気持ちが軽くなったのか、体が動いていた。マウンドに上がれば抑えるよ」と太鼓判を押しています。

DSCN0040
キャッチボールをして驚いたのがヒースです。「50メートルくらいの距離から切れのいい変化球を投げる。彼はまだまだやれる」とうなずいた。一方昨日キャッチボールの相手を務めたのが同期入団の山内コーチ、山内コーチの評価だけは他と違いました。「もっとカーブは曲がっていたなと感じたよ」。苦楽を共にしたからこその厳しい言葉に固い絆が伺えるということですね。

DSCN0041
青山アナ:横山投手のカーブって絶品でしたよね。今日の最終戦はジャイアンツ戦、入団の時からジャイアンツキラーになりたいと言って入ってきた投手で、松井や清原との名勝負もありましたもんね。

DSCN0043
ひろしまジン大学・平尾氏:38歳、同い年なのですごく残念です、今日是非見たいですね。

DSCN0044
青山アナ:その為にも是非、大量リードで横山投手のマウンドを整えてあげたいなと思います。