【10月9日 広島テレビ:テレビ派2部】

<CSに向け投手陣が調整>

141009-010

141009-011

141009-012






141009-013
前田健太、

141009-014
ヒース、

141009-015
大瀬良。ファーストステージで先発が予想される3投手もおよそ1時間半汗を流し、調整を行いました。

141009-016

141009-017

141009-018

141009-019
あの歓喜から1年。日本一を目指す戦いがいよいよ始まります。

141009-020

141009-021
一戦必勝の短期決戦。自分が投げる試合は全部勝つと、クライマックスシリーズに向けて並々ならぬ思いを口にするのがエース前田健太投手。今シーズンの自分自身への歯がゆさをこれからの戦いにぶつけます。

141009-022

141009-023

141009-024

141009-025
球団初のクライマックスシリーズを戦った去年、先陣を切ったのが前田健太投手でした。

141009-026
カープにとって初の舞台でも堂々のピッチング。7回1失点でチームを勝利に導き、ファーストステージ突破への流れを作りました。

141009-027
今年もファーストステージの舞台は甲子園。今シーズンカープは甲子園で負け越しているだけに、前田健太投手が確実に勝利を挙げることがファーストステージ突破への鍵となります。

141009-028
前田健太:去年は初めてだったので、チームとして怖いものなしで迎えたんですけど、今年は去年の経験もありますし、去年よりプレッシャーも感じると思うので、上手く戦っていければと思います。

141009-029
前田健太投手がポイントに挙げるのが破壊力抜群のクリーンナップです。

141009-030
打率3割の鳥谷。

141009-031
打点王ゴメス。

141009-032
首位打者マートン。

141009-033
前田健太:クリーンナップが良いので、そこでランナーを返させないようにしながら。短期決戦になれば調子の良いバッター、悪いバッターは変わってくると思うので。その辺を見極めながら良いピッチングができたらと思います。

141009-034
カープの2014年シーズンは前田健太投手のこの言葉から始まりました。

141009-035

141009-036

141009-037

141009-038
3位から日本一へ駆け上がれ。

141009-039
今年全国で声を枯らしたファンのために。

141009-040
そしてマツダスタジアムへ帰ってくることを信じるファンのために。

141009-041
エースはマウンドに立ちます。

141009-042
前田健太:優勝するという気持ちはチームみんな持ってると思うので、必死になって優勝まで突き進んでいきたいなと思います。

141009-043

141009-044
11日は広島テレビが放送しますので、1時半からの事前番組も踏まえてしっかり応援していきましょう。

141009-046
クライマックスシリーズにまさかの敵あらわる!?
台風19号

141009-047
12日と13日にかけて台風の影響が心配されます。もし2日とも中止になった場合、予備日は1日あるんですが、ファイナルステージの日程は動きません。ということは、11日と14日の2試合で勝負を決することになります。

141009-048
1勝1敗となった場合、リーグ戦で上位だった阪神が勝ち進むことになるんですね。カープにとっては絶対に落とせない初戦になりそうです。

141009-049
台風19号の影響で日曜日の夕方くらいから甲子園球場では雨が降るかなという所なので、日曜日の試合は行われそうです。ただ台風の進路や速度によって予報は変わる可能性があります。