【4月5日 広島ホームテレビ:恋すぽ】

150405-121



150405-101

150405-102
※今日から「恋すぽ」がリニューアル。

150405-103

150405-104

150405-175

150405-107
カープドラフト1位ルーキー、野間峻祥。

150405-108

150405-109
即戦力との評価そのままに開幕一軍を掴むと、開幕戦でプロ初出場。

150405-110
3戦目には初めてスタメンに名を連ねた。






150405-111

150405-112

150405-113

150405-114

150405-115

150405-116

150405-117

150405-118

150405-119

150405-120

150405-121

150405-122

150405-123

150405-124
独特な雰囲気の中プレーした記念すべき試合。

150405-125
野間はプロ初ヒットを含む2安打を放つなど順調なスタートを切ったかのように見えた。

150405-126

150405-127
しかし、その後は10打席連続ノーヒット。プロの世界はどう映っているのか。

150405-128

150405-129

150405-130

150405-131

150405-132

150405-133

150405-134

150405-135

150405-136
これまでに経験したことのない感覚。プロの壁に直面した野間が課題克服の為に導き出した答えとは。

150405-137

150405-138

150405-140

試行錯誤を繰り返す中、辿り着いた1つの答え。

150405-141

150405-142

150405-143

150405-144

150405-145

150405-146
「本能で打つ」

150405-147
実はプロ初ヒットを放った打席にそのヒントは隠されていた。

150405-148

150405-149

150405-150

150405-151

150405-152

150405-153

150405-154

150405-155
インタビュー翌日の試合、その一端が垣間見られるシーンがあった。

150405-156
1点ビハインドの8回、2アウトランナー2塁の場面。

150405-157

150405-158

150405-159
この日3本目のヒットはプロ初打点となるタイムリー。
ストレートに狙いを定め、本能で放った一打だった。

150405-160
その後も1番ライトでの起用が続く野間。

150405-161

150405-162
カープの運命を左右すると言っても過言ではないトップバッターというポジション。野間の理想像は。

150405-163

150405-164

150405-165

150405-166

150405-167

150405-168

150405-169

150405-170

150405-171

150405-173

150405-174
渡辺アナ:この日は6打数ノーヒット3三振の翌日にインタビューしたんですが、気持ちの切り替えが出来ていて性格面もプロ向きだなと思いました。