【10月4日 NHK:サンデースポーツ】

151005-163




151004-242

151004-243

151004-244
阪神先発は藤浪。

151004-245
広島のベテラン黒田は阪神に3勝負け無し。

151004-246

151004-247
エルドレッド

151004-248

151004-249
序盤、ランナーを背負いますが、バックが盛り立てます。

151004-250

151004-251
キレのある変化球は健在。両投手が持ち味を発揮し、得点を与えません。






151004-252
試合が動いたのは4回。

151004-253
広島の3番松山。

151004-254
今シーズン藤浪は打率5割以上と得意としています。

151004-255

151004-256

151004-257
鋭くスイングすることを心がけたと7号2ラン。広島が先制します。

151004-258

151004-259
さらに2アウト1塁から安部の当たりをマートン。

151004-260

151004-261
2・3塁にピンチを広げてしまいます。

151004-262
ここで石原。

151004-263

151004-264
高めの速球を2点タイムリー。

151004-265

151004-266

151004-267
一挙4点を挙げて阪神を突き放します。

151004-268
追う阪神は5回1アウト2・1塁のチャンス。藤浪に代えて代打西岡。

151004-269
菊地涼介

151004-270

151004-271

151004-272

151004-273
しかし好守備に阻まれダブルプレー。

151004-274
中崎翔太

151004-275

151004-276

151004-277
直接対決に快勝した広島は阪神とゲーム差なし。

151004-278
今月7日の最終戦に勝てばクライマックスシリーズ進出が決まります。


【10月4日 日本テレビ:Going!】

151005-056

151005-057
阪神先発は藤浪。上々の立ち上がりを見せます。

151005-058
広島の先発は阪神戦負け無しの黒田。

151005-059
2回、2・1塁のピンチ。バッターは江越。その初球。

151005-060

151005-061

151005-062
この当たりをエルドレッドがダイビングキャッチ。

151005-063
先制点を許しません。

151005-064

151005-065
さらに3回。

151005-066

151005-067
セカンド菊池がこのファインプレー。

151005-068

151005-069

151005-070

151005-071

151005-072
広島は守備で黒田を盛り立てます。

151005-073

151005-074
4回、先頭の菊池。

151005-075

151005-076
この試合初めて0アウトから出塁します。

151005-077
続くバッターは対藤浪の打率が5割超と相性のいい松山。

151005-078

151005-079

151005-080

151005-081
ライトスタンドへ7号2ラン。

151005-082
貴重な先制点をとります。

151005-083
さらにランナー1塁で7番安部。

151005-084

151005-085

151005-086
これをマートンがエラー。

151005-087
3・2塁とチャンスが広がります。
151005-088

151005-089
打席には石原。

151005-090

151005-091

151005-092
2点タイムリー。

151005-093
相手のミスにつけ込んで一挙4点を奪います。

151005-094

151005-095
阪神は5回。先発の藤浪に代えて代打西岡。

151005-096

151005-097

151005-098
セカンドゴロでダブルプレー。

151005-099

151005-100
黒田はここでも得点を許しません。

151005-101
すると6回。

151005-102
6番田中。

151005-103

151005-104

151005-105
2ランで6対0と大きくリードを広げます。

151005-106

151005-107
そして8回。今シーズンで引退する関本が代打で登場。

151005-108

151005-109
ピッチャーゴロ。

151005-110
9回。

151005-111
最後は中崎が締めてゲームセット。広島は7日の中日戦に勝利すればクライマックスシリーズ進出が決まります。


【10月4日 TBS:S1】

151005-114

151005-115

151005-116
阪神先発は藤浪。

151005-117
3回に迎えるはピッチャー黒田。

151005-118

151005-119

151005-120
ここで黒田が粘りを見せます。

151005-122
4回、松山。

151005-123
対戦打率5割超え。

151005-125

151005-126
苦手の松山に痛恨の一撃。先制点は広島。

151005-127
藤浪は石原にもタイムリーを許しこの回4失点。

151005-128

151005-129
残り2試合を連勝するしかない広島。

151005-130

151005-131

151005-132

151005-133

151005-134
黒田は5回、ピンチで迎えるは代打西岡。

151005-135
並大抵ではないその精神力。

151005-136
今シーズン引退する関本も打ち取り、9回途中無失点。

151005-137
チームとファンの期待を背負って圧巻のピッチングを見せた黒田。広島は執念の勝利。

151005-138
中日との最終戦、勝利すればクライマックスシリーズ進出です。


【10月4日 テレビ朝日:Get Sports】

151005-139

151005-140

151005-141
クライマックスシリーズ進出へ負けられない広島は0対0の4回、松山。

151005-142

151005-143

151005-144

151005-145

151005-146
阪神先発藤浪に今シーズン10打数6安打と相性抜群の男が一発を放つなど、この回一挙4点を奪います。

151005-147

151005-148

151005-149
援護をもらった先発黒田は5回。

151005-151
ピンチを招くと藤浪の代打西岡。

151005-152

151005-153

151005-154

151005-155

151005-156

151005-157

151005-158

151005-159
この回を無失点に抑えます。

151005-160

151005-161
6対0とした8回。マウンドには黒田。打席には今シーズン引退する関本。

151005-162

151005-163
3年連続のクライマックスシリーズ進出へ、望みをつなぎました。

151005-164


【10月4日 広島テレビ:元気丸】

151005-165

151005-166
松山竜平:何が何でも勝つしかないと思って必死でやってるので、今日の勝ちは本当に大きいと思います。黒田さんがあれだけ粘って執念を見せてくれたので。野手陣が援護してあげないといけないという気持ちも生まれて。

151005-167

151005-168

151005-169
松山竜平:キクが出て、僕は後につなげようと思って打った瞬間ヨッシャと思って。大きな2点になったと思うので素直に嬉しかったです。

151005-170

151005-171

151005-172

151005-173
松山竜平:何とか最終戦勝ってクライマックスシリーズにファンを連れて行きたいです。

151005-174
田中広輔:嬉しい気持ちでいます。最近負けられない試合が続いていたので、何も変わらず良い雰囲気でできてます。

151005-175
田中広輔:ランナー1塁にいたので、強く引っ張る球を待って打席に入ってました。

151005-176

151005-177

151005-178

151005-179

151005-180

151005-181

151005-182
田中広輔:またギリギリだったみたいで(笑)今回は入ってくれてよかったです。スッキリした形で勝ってクライマックスシリーズに行きたいと思います。

151005-183
田中広輔:本当に毎試合凄い声援をもらっているので、そのファンの方達と一緒にクライマックスシリーズに行って優勝?・・・日本一?になってやっていきたいと思います。