【10月4日 フジテレビ:すぽると】

151005-050



151005-001

151005-002

151005-003

151005-004
全ての思いを背負ってマウンドに上がった黒田。

151005-005
立ち上がり。

151005-006

151005-007
バックの好守備にも助けられ、阪神打線を3回まで無失点に封じます。






151005-009

151005-010
すると4回、藤浪に対してランナーを1人置いて松山。

151005-011

151005-012

151005-013

151005-014

151005-015
ライトスタンドへ2ランホームラン。

151005-016

151005-017
大一番で貴重な先制点を奪います。

151005-018
さらに2点を加えて迎えた5回。

151005-019
1アウト1・2塁のピンチを背負った黒田。

151005-020
阪神は藤浪に代えて西岡を代打に送ります。

151005-022

151005-023

151005-024

151005-025

151005-026
ここはダブルプレーに切ってとり、得点を与えません。

151005-027

151005-028

151005-029

151005-030
敵地甲子園でのしかかる大きなプレッシャー。

151005-031

151005-032

151005-033

151005-034
それでも黒田は6回に迎えたピンチを再びダブルプレーで切り抜け、阪神につけ入る隙を与えません。

151005-036
その後も黒田はスコアボードに0を刻み続け9回のマウンドへ。

151005-037

151005-038
日本球界復帰後初の完封がかかりましたが、連打を浴びてランナーを背負うと、

151005-039

151005-040

151005-041
ファンの大声援に包まれながら黒田は降板します。

151005-042
それでもその後を受けた中崎が締め、クライマックスシリーズに望みをつないだ広島。

151005-043

151005-044

151005-045
大きな1勝を手にしました。

151005-046

151005-047
追球取材

151005-048

151005-049
黒田博樹

151005-050

151005-051

151005-052

151005-053

151005-054

151005-055