【1月20日 広島ホームテレビ:Jステーション2部】

160120-006



160120-001

160120-002
ドラフト1位 岡田明丈 生出演

160120-003

160120-004

160120-005

160120-006
小嶋沙耶香アナ:スタジオ生出演は初めて。
岡田明丈:緊張してます。

160120-007
榮アナ:普段あまり緊張しないと。
岡田明丈:いや・・・緊張してると思います。

160120-008
西田篤史:広島に来て何日。
岡田明丈:10日です。(広島は)美味しいものがたくさんあるなと。

160120-009
榮アナ:広島に来て食べたものは。
岡田明丈:もみじ饅頭。






160120-010

160120-011

160120-012

160120-013

160120-014

160120-015

160120-016

160120-017

160120-018

160120-019

160120-020
高橋樹也

160120-021
横山弘樹

160120-022

160120-023

160120-024

160120-025
18日、畝投手コーチが見守る中ブルペン入り。

160120-026
キャッチャーを立たせて34球。

160120-027
畝龍実コーチ

160120-028

160120-029

160120-030

160120-031

160120-032

160120-033
榮アナ:畝コーチが見てましたが。
岡田明丈:意識しました、力も入りました。

160120-034
榮アナ:プロとしての実感は。
岡田明丈:まだ実感とかは無いんですけど、球場で投げる機会があれば実感が湧いてくるのかなと。

160120-035
小嶋沙耶香アナ:大学時代との練習の違いは。
岡田明丈:内容が濃いと思います。
榮アナ:アマチュアとプロの違いは。
岡田明丈:1人1人の意識の高さが全然違います。

160120-036

160120-037
榮アナ:キャッチボールの時に意識することは。
岡田明丈:コントロールが大事だと思っているので、真っ直ぐ立って、真っ直ぐしっかり相手に投げるということを意識してます。