【1月24日 広島テレビ:元気丸】

160125-074



160125-001
ソフトバンクホークス内川聖一とカープ鈴木誠也、小窪哲也、上本崇司の合同自主トレに独占密着

160125-002

160125-003

160125-004

160125-005

160125-006

160125-007

160125-008
内川塾メニュー







160125-009

160125-010
午後、バッティングの時間。

160125-012

160125-013

160125-014

160125-015
小窪哲也

160125-016

160125-017

160125-018

160125-019

160125-020
内川聖一:そうそうそうそう、変わってきたじゃん打球が。

160125-021
去年まで力みが出る癖があった鈴木誠也。内川の指導により力ではなく技術で飛ばす事を目標にバットを振り込みます。

160125-022

160125-023

160125-024
鈴木誠也

160125-025

160125-026
小窪哲也:僕等が今までこうやって打ってたのが、

160125-027
小窪哲也:こうやって打てと。

160125-028
小窪哲也:ヘッドの先を走らせる。先っぽを速く振る為の方法を教えてもらって。

160125-029

160125-030

160125-031

160125-033
内川塾座談会

160125-034
内川聖一:はいお疲れさん!

160125-035

160125-036

160125-037

160125-038

160125-039

160125-040

160125-041

160125-042
内川聖一:飛ぶようになったね。パ・リーグに行って球場が広くなったというのも当然あるし。あとはホークスの選手は距離を出せる選手が多いから。そういう方面にも目を向けてやんないといけないなと。

160125-043

160125-044

160125-045

160125-046

160125-047
上本崇司:今までバットの軌道で無理やり飛ばそうとしてたんですけど。

160125-048

160125-049

160125-050

160125-051
「内川聖一の基本打撃理論」

160125-052
内川聖一:右バッターなら左肩を開くなとか、胸を早く見せるなとか、結局同じこと。

160125-054
内川聖一:目指す形は一緒なんだけど、皆違う所を言う訳ですよ。僕なんかは「右肩を出すな」と言われるのが一番良かったんですよ。こっち(右肩)を出さなければ絶対こっち(左肩)は動かないはずだから。こっち(左肩)を閉めろって言われても窮屈で打てないんですよ。

160125-055
内川聖一:だから彼等の中に一番自分が感覚として分かりやすい伝え方というか。そういうものがあると、やった甲斐があるなと思います。

160125-056
小窪哲也:この自主トレに来て初めてティーバッティングを見た時に衝撃を受けました。これが日本一のバッターなんだと。3人でビビってました。

160125-058

160125-059

160125-060
鈴木誠也:今までだったら満足してる打球でも内川さんを見てると、いや違うと。

160125-062

160125-063
鈴木誠也:充実してます。

160125-064
上本崇司:教えて頂いたことはキャンプでも継続して。

160125-065

160125-066

160125-067

160125-068

160125-069

160125-070

160125-071

160125-072

160125-073

160125-074

160125-075

160125-076
内川聖一:皆グラウンドに立つことが理想だから、頑張って下さい。
3人:頑張ります。
内川聖一:俺も頑張るわ。